葉酸サプリは便秘にも効果があるのか

妊娠後期は、お腹が大きくなり腸を圧迫するので便秘になりやすくなります。
初期においてもつわりなどの影響から食べ物がバランスよくとれないことがあり、便がスムーズに出ないことがあります。
初期の場合はホルモンの影響によって腸のぜん動運動が低下する弛緩性、中期から後期においては、直腸性となることが多いです。
便が出にくいからといって胎児に影響が出ることはあまりないですが、辛い状態が長く続くと快適に生活を送れないため対処する必要があります。
改善していくには、散歩など運動をする、トイレに行く時間を決める、食べ物に気を配るということを意識します。
ひどいからといって下剤は服用しないようにしましょう。
下剤の中には、子宮を収縮させてしまう成分が含まれているものもあります。
子宮が収縮してしまうと流産や早産のリスクが高くなるので、服用する際には何が入っているのか調査するようにしましょう。
自分で判断せず、医師に相談するとより安全です。
便秘を解消するには、水分補給と、食物繊維を多くとることが大切となりますが、葉酸のサプリを摂取することでも解消することができます。
葉酸サプリは食物繊維やビタミン類が共に含まれていることが多く、継続して服用することで腸内環境が整い効果が出てきます。
また、造血作用もあるため細胞分裂が促され、内臓の代謝も良くなります。
代謝が良くなると、腸のぜん動運動も活発になるので改善していきます。
便がうまく出ない場合は、ストレスが影響していることもあります。
ストレスによってぜん動運動が落ちてしまうこともあるので、リラックスする時間を作るように心がけましょう。
食事においても様々な野菜をたっぷり食べ、必ず水分補給を行うようにします。
なお、緑茶やウーロン茶、紅茶といったタンニンを含む飲み物は葉酸の吸収を妨げてしまいます。
どうしても飲みたい場合は、サプリなどを服用してから1時間ほどあけて飲むようにします。